読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさ・ねこ・ぞう

日々の記録.おすすめのもの,楽しかったこと.

おすすめ本をおすすめすることにしました:まずはおすすめ本を手に入れるまで

スマホからぽちぽちと、読書メーターのまとめ記事を非公開にしました。自分で読み返すこともない記事だったのでいっかなーと (スターを下さった方、ありがとうございました!)。その代わり、これからは読んでみて面白かった本をちゃんと1冊選んで紹介していこうと思っています。せっかくブログには文字制限がないですからね。

わたしの場合、実際に本を読むまでもいくつかステップを踏んでいるので、まずはそこから紹介したいと思います。 

読みたい本の見つけ方

やっぱり本屋さんで見つけることが一番多いです!手にとっておもしろそうかどうかを実際に判断できるのは大きいですね。他にはAmazonのおすすめリスト、ブログやTwitter読書メーター (下記参照) なんかで見つけることも増えてきましたが、読んでみるとなんか好みと違ったな~なんてことも多いです。 うーん。

読みたい本の手に入れ方

欲しい本を見つけたらその場で検索して、時間が無いときはAmazonほしいものリストに登録、あるときは以下の手順で本を手に入れます。

 

Amazonで本のタイトルを検索

→図書館にあったら予約(その本、図書館にありますを使用:下記参照)

→なかったら駿河屋で検索それ、駿河屋にありますを使用:下記参照) 

 →あったら今読みたいかじっくり考える…………

  →今読みたいものだったら送料無料を狙いつつ注文

 →なかったらいつか読む日を待ちつつ、ほしいものリストにおいておく

 

なんでその場でちゃっちゃと買わないのかというと、お金と部屋のスペースの節約のためです。。。(切実) 

活用しているサービス

Amazonでまず本のタイトルを検索しているのは、Google Chrome拡張機能である「その本、図書館にあります」「それ、駿河屋にあります」のふたつがめちゃくちゃ便利だからです。これらのアドオンを追加しておけば、Amazonで読みたい本のページを開くだけで近所の図書館&駿河屋にあるかどうかがわかるのです!!わたしの読書ライフにこのふたつは本当に外せません。アドオンはこちらからどうぞ。

chrome.google.com

chrome.google.com

 上記のページからアドオンを追加して、簡単な設定を設定するだけで使用可能です。「その本、図書館にあります」では、自分の借りたい図書館を2箇所まで登録することが出来ます。詳しくは作者さまのホームページからどうぞ。

www.kigurumi.asia

 それ、駿河屋にあります」はさらに多機能です。Amazon以外にもヤフーショッピング、ヤフーオークション楽天ブックス等16のショッピングページでも駿河屋での商品検索結果を表示してくれます。もちろん本以外にもCDやゲームなんかもOK!さらに、購入履歴の管理や新規キャンペーンの通知など実に様々な機能が使用可能です。詳しくは作者さまのホームページからどうぞ。

surugaya-cheki.com

 そして本をいろいろ読んでみて思ったのは、一度読んだ本をもう一度読み返す割合がとても低いなぁということです。そこで、読書記録に読書メーターを活用しています。こちらがわたしのページです。

bookmeter.com

いろいろ表示されているんですが、自分の読書記録を読み返すことはほとんどないので自分で自分のページを見ることはほとんどありません。共読機能から自分と同じ本を読んだ別の人の感想を読んだり、タイムラインでフォローしている人 (読んだ本の傾向が似ている人をおすすめしてくれるので、そういう方をフォローさせてもらっています) の感想を読んでおもしろい本を探したり、といった使い方がメインです。リアルで本の感想を言い合ったり本をおすすめし合ったりできる友達がほとんどいないので、楽しく続けられています!

 おまけ

読書メーターに感想を投稿していたおかげで、今こんな企画にも参加させていただいております。読書メーター続けていて良かったな~と思いました。

特に深く考えて感想を投稿していたわけではないので、声がかかったときはとても驚きました。しかも、ちょうど企画参加可否の返信期限直前に、読書メーターにひっさしぶりにログインしてメッセージに気づいたので、ほんとうに運が良かったな~と思います。担当者様、この節はありがとうございました!!

 この企画は4月からの約1ヶ月間、下記書店にて実施していただいているようです。よかったらぜひ見て下さい~!