うさ・ねこ・ぞう

日々の記録.おすすめのもの,楽しかったこと.

【学振】科研費で本を買ったら寄贈になった

今年度は海外の学会に行く予定もなく,科研費の使い道に困っているので本を買うことにしました.

ということで前回パソコンを買ったとき同様,まずは事務の人に科研費での本の購入について質問してきました.

 

学振の科研費で本を買えるのか?

答え:買えます.制限ありだが,厳密な区分は…?

というのも…「一般的な本はだめですが,専門的な本なら可」と言われました(いきなりあいまいな…).

 

一般的な本とは,たとえば無機化学!とか化学工学!みたいな,専門分野(この場合だと化学)に特化した本であるものの,その分野全般を扱う教科書などは無理なようです.あとは専門に関係ない,語学関連書籍や辞書も不可っぽいです.

※所属が違う友達が,電子辞書は科研費で購入できないと言われたそうです.

 

逆に購入できるのは,自分の研究内容に直接関連のある書籍とのことです.

わたしが購入したのは,↓みたいな,羊土社の実験○○シリーズの本です.

これだと自分がやろうとしている実験の知識を得るため,ということでいいんだそうな.

とはいえ,羊土社の本でも,さすがにこんな本は買えなさそうですけど…(羊土社はこういう本も出しているのか)

科研費で買った本は,必ず寄贈なのか?

答え:ほぼ必ず寄贈(ただし所属による…かも).

うちは厳しいのか普通なのか,全部寄贈になります.寄贈の手続きをしないと,科研費での購入手続きができません(と秘書さんが教えてくれました).

 

購入方法は?

答え:欲しい本のリストを持って生協に行く.そして科研費で購入したい旨を伝える.(わたしはAmazonで該当商品を探して,ページを印刷して持って行ってます.)

その際,

  • 自分の名前・所属
  • 科研費の課題番号
  • 内線番号本の届け先
  • 検収を用度係で受けるかどうか

をあらかじめ余白に記入していくと,手続きがスムーズに進みます.

なお,最後の検収については,

  • 科研費で買う場合→用度係
  • 寄付金 or 運営金で買う場合→図書室での検収も可.しかもそのまま寄付の手続きもできる.

とのことです.

 

寄付手続きの方法は?

答え:図書館に行きましょう.

図書館に行くと,必要な書類を担当の方が教えてくれます.

最近は,もっぱら秘書さんに科研費での購入手続きとともに寄付の手続きもお任せしちゃってます.いつもありがとうございます!

 

 

ということで以上です.

専門的な本は,卒業したら読まないものも多いと思うので,必要なものはどんどん科研費で買って寄付しちゃえばいいと思います(´▽`)ノ