うさ・ねこ・ぞう

日々の記録.おすすめのもの,楽しかったこと.

お父さん,あなたはすごいです.

長らくブログ記事を書いてなかった.

まともな記事を公開したのは5月24日,ということで実に三週間ぶりである.うーむ.だめね.

ということでリハビリがてら,はじめてはてなのお題に挑戦!

 

今週のお題「私のお父さん」

父はずっとたばこを吸っている.そのせいもあってか,普段はずっと二階の自分の部屋にいる.夜ご飯の時だけ父は下のリビングに降りてきて,一家そろってご飯を食べるのが決まりだった.

わたしが小学生くらいのとき,父が倒れて?,家に救急車が来たことがあった.幸いすぐに家に帰ってきて普段の生活をはじめてた(と思う)ので,救急車が来た原因とか,そのときわたしがなにをしてたかとか,その後のこととかはまったく覚えていない.

でも,真っ暗な夜に,家の真正面に救急車が来て,目の前が真っ赤なサイレンの明かりで照らされていたのと,そのときのすごく不安な気持ちをずっと覚えている.たばこ,辞めてほしいなあ.

 

父の仕事は自営業.今の年になってようやく思うけど,自営業すごい.母も働いていて共働きで,子ども三人を育て上げ,わたしなんか親元を離れて7年目,博士課程まで来させてもらっている.ありがとうございます.すごいです.

ちなみに父は,会社から独立して自営業になったみたい.父の仕事の遍歴とかも,自分が学生を終えそうな今になってようやく興味がわいてきた.今度,そのあたりの話をゆっくり聞かせてほしいな.

 

そういえば,下の兄が卒業するくらいまで?,毎年夏に家族旅行もしていた.いきなり父が下のリビングに降りてきて,「○○日から△△に行くぞ!」って宣言して旅行の日程が決まる,という感じだった.「え~」とか,「どこそれー」とか言いつつ,旅行は毎回たのしかった(父のいびきがうるさくてなかなか眠れなかったけど).

あとはわたしが実家を出るまで?,ゴールデンウィークには毎年バーベキューをしていたなあ.たまになにかのイベントに合わせて連れて行ってくれたりして.

あれもこれも全部,仕事の合間をぬって計画していてくれたんだなあ.旅行の計画を立てるとか,自分が先頭に立って何かを計画するのとか,自分がそういう立場を体験する立場になってようやく大変さが分かった.

 

父はこんな感じの結構オラオラ系で,一緒に散歩とかしてても父は勝手に行っちゃう感じで,話しかけられるときも結構父がガーッとしゃべっちゃう感じなので,わたしは明確な反抗期はなかったものの,なんとなく苦手だと感じることが多くなった.話しかけられても口数少なくなる感じに….

理由も考えずになんとなくそういう態度をとっちゃってたけど,父はそんなわたしの態度を見てどう思ってたんだろう.さみしかったかなあ.悪いことしたなあ.

 

最近は,休日に母とよくお出かけしているらしくて,たまにメールで「今ママと○○にいます」っていうメールが来るのがかわいい.ようやくふたりの時間が過ごせてるのかな.

父からメール来て,わたしが返信しなかったり,返事が短くなったりすると,母から似たようなメールがくるのもかわいい.きっと父が母にメールを送るよう言ってるんだろうな.かわいい.ごめんねw

あと,パソコンとか携帯とかの電子機器関係で,たまに父に頼られるようになったのが嬉しい.なんかまだうまく話せないというか,母と話すみたいに,友達と話すみたいには父と話せてないんだけど,わかんないことがあったらもっと聞いて下さい.がんばって調べて教えます.

 

…書いてたらなんか泣けてきたw父に会いたくなった.もっと話したくなった.今週末はムリだけど来週帰ろうかな.

お題っていいもんですね.