うさ・ねこ・ぞう

日々の記録.おすすめのもの,楽しかったこと.

【学振】とるまで時系列

タイトルは某有名ページのぱくりです.内容は全くぱくれていませんけど…

役に立つかはわからないけど,備忘録的に残しておくことにします.

 

2010年

 

  • 学振特別研究員の制度を教授から教えてもらう.
  • お金もらえるならいいじゃん!と思って博士後期課程への進学を決意.就活やめる.

2011年

 3月頭

  • 編入試験に合格,博士後期課程への進学が決まる.

 3月末

  • メールで学振ID申請.書類申請をチラ見してうわああ…ってなる.

 5月頭

  • 入学式.研究室配属.ちなみにこれまで書類には触れてもいない.重要なものほど後回しにするタイプなんです….

 5月半ば

  • 学内(研究科)の説明会を聞く.説明してくれた先生が教授なのに若すぎてびっくり.これくらい優秀じゃないと学振とれないんじゃ…って気づく.

 5月末~

  • 記憶がない.がんばって書いていたとおもいます.差分ファイルが残っているのは6月12日~17日なので…6月入ってから書き始めたんだと思います…….

 6月17日

  • 書類締め切り.ゼミを途中で抜け出し印刷して提出.「目的がわかりにくい」とか事務の人にいろいろ言われたけど,もう修正もしたくなかったので「これでいいです!」って言って提出.

 

その後は学振のことをしばらく忘れて,いろいろ忙しい日々を過ごす.10月入ったくらいから,Twitterで「学振 -rt」と検索してみたりして,ちょっとそわそわ.

 

そして,忘れもしない

 11月28日!

  • 近場での学会を終えた帰路の途中,なんとはなしにTwitterでいつものように検索すると,『結果出てるーーー』的なツイートが!
  • 一人そわそわしながら(心は急いで)研究室に戻り,パソコンで合格を確認!
  • でも書面で見るまで信じられなかったのでとりあえずおいといて,書類届いてから親や先生や同期などに報告.わーい.

 12月末

  • いろいろ書類が届いて,うわーってなりながら提出.

 

2012年

 2月頭

  • 8日締め切りの科研費申請書類のお知らせが2日に届く….勘弁してくれ-.ということで特別研究員奨励費の申請書を書いて出す.

 5月半ば

 5月末

  • 2ヶ月分お金(研究奨励金)が入る.両親にプレゼントを買う.これまで通り研究その他に励む日々.

 

 …という感じですかね?

もっと細かくメモっとけば良かったなあ.